各国製プロペシアとフィンペシアの価格比較一覧表

医薬品名 1錠あたりの薬価 月間費用 年間費用
プロペシア(ニュージランド製) 405円 12,150円 145,800円
プロペシア(アメリカ製) 204円 6,120円 73,440円
フィンペシア 32円 960円 11,520円

上記の価格比較表の通り、先発医薬品のプロペシアと後発医薬品のフィンペシアの価格差は、割安な「アメリカ製タイ市場向けプロペシア」と比較しても約6倍と大きな開きがあります(※月間費用と年間費用は毎日1錠を服用したとして計算)。

右端に記載の「年間費用」を見比べるとその差が一目瞭然です。

薬の成分や効果・効能が同じであるなら、やはり費用負担が軽減されるジェネリック医薬品のフィンペシアを選択したいところです。以下に、実際にフィンペシアを服用されている方の口コミ体験談をご紹介いたします。

フィンペシアの効果や副作用についての使用体験談

使って1カ月くらいすると、抜け毛や頭皮のかゆみが減ってきて、4~5か月すると、脱毛の量がかなり減って、黒くてしっかりした毛が生えてくるようになった。以前はヘアーワックスをつけると頭皮が透けて見えてしまっていたのですが、透けなくなってきました。(32歳・男性)

いわゆるM字ハゲで悩んでいて、いろんなヘアスタイルでごまかしてきました。サロンにいくと高いし、病院に行くのも抵抗がありましたが、安くて簡単に手に入るフィンペシアを使ってみています。半年くらいで少し効果がでてきたように思います。(41歳・男性)

今までいろんなものを試したけれど、これまでにない効果を実感しています。数日で、頭皮のべたつきがなくなり、髪がサラサラになりました。服を脱いだり、髪を洗ったりするときに、引っ張ると抜けるような感触があったのが、気にならなくなって、しっかりした毛になっているのがわかるようになりました。3~6か月で変化がでてくると聞いていましたが本当のようです。心配をしていた性欲減退などの副作用も今のところ見られません。(39歳・男性)

「安い!」だけでフィンペシアを通販するのは危険

先の価格一覧表の通り、先発医薬品でなくジェネリック医薬品であるフィンペシアを選択すると驚くほど治療にかかる費用負担を抑えることができます。

しかしながら、この「安さ」だけを求めてフィンペシアを購入してしまうと、様々なリスクにさらされる危険が伴います。その中で最も怖いリスクは、やはり「健康被害」です。全くのニセモノや有効成分が不安定な粗悪品が医薬品市場に出回っている事実を真剣に考慮しなくてはなりません。

特にフィンペシアにおいては、コーティング剤に発ガン性の疑いがある「キノリンイエロー」を使用しているものもあり、購入にはより一層注意が必要となっています。

この「健康被害」に対する不安・心配を解消するためには、長く安心してお付き合いのできる販売店をしっかり確保しておく必要があります。購入先を選ぶ際には、まずは信頼の目安となる「第三者機関である薬剤師会の成分鑑定書が公開されているか?」をチェックしてください。

当サイトの価格比較表に掲載しているオオサカ堂は、薬剤師会の成分鑑定書を各医薬品販売ページ別に公開し100%純正品のみを取り扱っているので安心です。

プロペシアとフィンペシアについての基礎知識

プロペシアもフィンペシアもどんな薬かわからないという方は以下を参考ください。

先発医薬品のプロペシアとは?

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として多くの国で販売されています。成分はフィナステリドというAGAの原因となる男性ホルモンの生成を抑える効果があるもので、これが作用することで、毛根が活性化し、ヘアサイクルが正常な状態になるといわれています。もともと前立腺肥大の治療薬として開発されたフィナステリドは、AGAにも効果的だということがわかり、1997年、AGA治療薬として米国食品医薬局(FDA)に認可されました。現在は、その安全性や有効性が広く認められ、プロペシアは、世界60か所以上で「飲むAGA治療薬」として販売されています。日本では、アメリカMerck社の日本法人であるMSD社(旧万有製薬)から発売されています。

後発医薬品のフィンペシアとは?

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品で、プロペシアと同様にフィナステリド1mgを含有し、成分が同じものです。インドの製薬会社Cipla社が製造し、インターネットなどで日本からでも安く手に入れることができると、今、抜け毛に悩む男性たちの間で注目を浴びています。安価で手に入りやすくなったAGA治療薬は、まさに抜け毛に悩む男性の強い味方となりました。

プロペシアの口コミ

以前から気になってはいたのですが、M字型の禿げに悩んでおり、プロペシアを試してみることにしました。プロペシアは長期間の服用が必要ということだったので、1年間使用してみました。すると徐々にM字型の部分に毛が増えていき、1年後にはM字型の禿げが治りました。値段は掛かってしまうものの、自分の場合はプロペシアとの相性が良かったと思います。

長いこと様々な種類の育毛剤を試してきました。中には効果があるものもあったのですが、飲用した最初の頃だけ薄毛がちらっと生える程度でした。そこでもっと効果の期待できるものはないかと思い、皮膚科に相談したところこちらの医薬品プロペシアを勧められました。流石医薬品というところなのでしょうか、市販の育毛剤とは違い、みるみる状態が改善していき、髪質も今まで細かったものが太く変わり見違えるようにツヤも出るようになりました。長いこと気にしていた悩みが一気に解消されました。

薄毛で日頃から悩んでいて、これが最後の手段だと思いプロペシアを購入しました。副作用として初期脱毛があるということから購入したのはいいものの中々手を出せずにいました。しかし飲んでみると確かに初期脱毛はあったのですが、大して進行はしませんでした。一方で効果は抜群で、薄毛が回復してとても感動しました。これからもプロペシアを飲用していきたいと考えています。

フィンペシアの口コミ

薄毛で悩んでいて、でもプロペシアは高いと感じていました。そんなときフィンペシアに出会いこれを使用してみることにしました。使用してから1ヶ月目くらいで頭を洗った時に頭皮をギュッとしても脂分が出ないようになりました。それからは髪もふさふさになってきた感じがしてきて、今でも使用を続けています。

とある有名な育毛シャンプーを使っても効果を実感できませんでした。しかしフィンペシアはそれとは違いました。さすがジェネリック薬品というだけあり効果がとても大きいように感じます。家族からも髪の毛が増えてきたねと言われるようになったので、これからも続けていきたいと思っています。

他の育毛剤を使っていても脱毛が減る程度で、これといった効果は得られなかったのですが、このフィンペシアを使用したところ約半年ほどで産毛が群生するようになりました。色も黒っぽくなってきて気持ちが若返る思いです。全体的にボリューム感も出てきたので継続して使用する予定です。副作用は私の場合は出ませんでした。

プロペシアの効果は本物

育毛剤って、どうも信用できないんですよね。父親も、数年前から色々な種類の育毛剤を、毎日のように頭に塗っていますけど、効果が出たことなんて一切ありませんし(笑)。

しかし最近では、かなり効果が期待できるという育毛剤が話題を呼んでいるそうです。それは、プロペシア。

育毛剤って液体のイメージがありましたけど、プロペシアは錠剤タイプでした。個人的には、頭皮に直接かけない分効果が薄いのでは、と思ったのですが、プロペシアは他の育毛剤のように、頭皮を刺激することで発毛を促すタイプではないため、問題にならないそうです。

なぜならプロペシアは、薄毛の原因となる体内酵素を阻害することで、正常な発毛を促す仕組みとなっているからです。つまり、薄毛の根本から改善してくれるということなんですね。

ちなみに臨床データによると、1年間の継続で50パーセント強、3年間の継続で80パーセント弱の改善が見られたとのことでした(この数字よりは低いですが、ある程度の現状維持も見込めるそうです)。これは本当に期待できそうですね。それに、内服タイプですから、頭に毎日ベタベタとつける必要が無い分清潔ですし。私も早速父親にすすめてみようと思います。

プロペシアの副作用とは?

AGA(男性型脱毛症)の治療によく使われるプロペシア。私はてっきり、普通の育毛剤みたいに、液体やジェルみたいなものだと思っていたのですが、実際の形状は経口内服薬だそうですね。

そのため、頭皮に塗るよりも簡単で続けやすく、また、従来の育毛剤と違って体の内側から効いてくれるため、高い育毛効果を見込めるとのことでした。

しかし、薬って良いことばかりじゃないですよね。良い効果があるということは、その分副作用の心配もしなくちゃいけませんから。プロペシアもそれは例外ではなく、胃の不快感・性欲減退・性機能障害・頻尿・頭痛・腹痛・下痢などの副作用が起こることもあるそうです。

ただし、大半の服用者には何も起こらず、万一上記の症状が出ても程度は本当に軽いことがほとんどなため、そこまで神経質に心配する必要は無いみたいです。

ちなみに、服用者が一番気にする副作用は、性欲減退だそうですね。病院でも、この手の相談はよく受けるのだとか。しかし、こうした性欲減退の症状も、臨床実験では1パーセントに満たない発症率だったため、全然心配無いみたいです。

寧ろ、心配することで逆にEDの症状を引き起こしてしまっている場合が多いそうです。となると、容量さえ守っていれば、プロペシアは安全な薬と言えそうですね。

医薬品名 1錠あたりの薬価 月間費用 年間費用
プロペシア(ニュージランド製) 405円 12,150円 145,800円
プロペシア(アメリカ製) 204円 6,120円 73,440円
フィンペシア 32円 960円 11,520円

プロペシアの副作用で不妊?

飲む育毛剤と言われるプロペシア。従来の育毛剤と違って、体の内側から、薄毛の原因を直接攻撃することで育毛を促してくれるため、とても高い人気を誇ると聞きます。しかしその反面で、副作用に関する心配もかなりあるそうですね。

確かに、調べてみると、生じる可能性のある副作用は多々ありました。具体的に言うと、不妊・頻尿・頭痛・腹痛・下痢・肝機能障害などですね。中でも驚いたのが、不妊です。プロペシアって、男性専用の育毛剤じゃないですか。それなのに、なぜ不妊の心配があるのかな、という感じで。まぁこれも簡単な話で、プロペシアが原因で男性側が性欲減退、つまりはED(勃起不全)になってしまうことがあるから、ということでした。

でも、その話が本当なら、ちょっと困りますよね。そこで、真相を探ってみたところ…性欲減退の副作用が生じうるのは本当でした。しかし、そのパーセンテージは被験者の1パーセントにも満たないため、全然心配する必要は無いとのことでした。ちなみに、AGA治療をしている病院では、その手の相談をよく受けるそうですが、大抵はプロペシアの副作用を心配する精神的なものが原因だそうです。とりあえずは安心して使えるみたいで良かったです。

プロペシアの価格ってどれくらい?

AGA(男性型脱毛症)の治療薬と言えば、やはりプロペシアですよね。普通のよくある育毛剤と違って、形状が経口内服薬である点で話題を呼んだのを覚えています。ちなみに、日本のAGA治療で今も主に処方されるのは、このプロペシアなのだとか。ところで、そのプロペシアって一体どれくらいの値段がするのでしょうか?

調べたところによると、日本の病院で診察を受けて処方してもらう場合、28錠で7,000~9,000円するとのことでした。28錠で1か月分らしいですから…1錠辺り200円以上する計算になりますね。加えて、病院での診察にもお金はかかりますから、トータルでは1か月で1万円くらい覚悟しておいた方が良いそうです。AGA治療って長期間に渡って行われ、髪が生え揃った後もその状態をキープするためにある程度続けなければならないですから…本当にかなりの出費になりそうですね。

そのため、病院に行くのが面倒だったり、出費をなるべく節約したりしたい人は、個人輸入で直接プロペシアを購入する方法をとっているそうです。確かに、個人輸入ならわざわざ病院で診察を受ける必要が無い分費用がかかりませんからね。また、プロペシア自体も少しだけ安く購入できるみたいです。それでも、AGA治療にはかなりの出費を覚悟してから臨んだ方が良さそうですね。

プロペシアのジェネリックであるフィンペシア

経口内服タイプの育毛剤であるプロペシア。開発から大分期間が経ち、既に特許の期間は切れているため、今では数多くのジェネリックが販売されているそうですね。基本、ジェネリックはオリジナルと成分は変わらないのですが、とても安く購入できるため、日本でもプロペシアではなくそのジェネリックを選ぶ人は多いそうです。

では、たくさんあるプロペシアのジェネリックの中で、一番有名なのはどれなのでしょうか?調べたところによると、どうもフィンペシアというジェネリックがそれに該当しそうです。なんでも、他のジェネリックに比べ、販売年数が圧倒的に多いため、実績の点においてはダントツなのだとか。また、そうして長年販売されながらも、健康被害などの問題は生じていないため、安全性についても心配は無いそうです。

ちなみにお値段も、プロペシアが1錠につき200円近くする一方、このフィンペシアは30円程と、かなりお安くなっていました。AGAの治療って、年単位でする必要があるみたいですから、この安さはかなり嬉しいですよね。加えて、口コミや体験談を見ても、高い評価を得ていることが多かったので、私ももし旦那に勧めるならこのフィンペシアにしようと思いました。

プロペシアは通販で購入する方が

日本でもここ10年くらいで、AGAを治療する病院が大分増えたそうですね。実際そういう病院からは、プロペシアという育毛剤を処方してもらうそうです。ちなみにこのプロペシア、育毛剤と言っても経口内服薬の形状をとっています。そして、AGAの原因となる男性ホルモンを直接抑制してくれるため、従来の育毛剤に比べてかなり効果が期待できるのだとか。

でも、そんなに効果が期待できるなら、お値段もそれなりに張るのが自然ですよね。プロペシアも例外ではなく、病院で処方してもらうとなると、1か月分で7,000~9,000円くらいするとのことでした。加えて、毎月のように病院に通う必要があってその分の診察料もありますから…1か月でトータル1万円くらいは覚悟しておいた方が良さそうですね。

それでも、そうした経済的負担を軽くできる方法があるんです。それは、プロペシアを通販で購入するという方法。通販を利用すれば、1か月分を6000円弱で購入できるそうです。加えて、いちいち病院の診察を受ける必要もないため、診察料の分も節約できるのだとか。個人的には、プロペシアだと余程のことが無い限り、重い副作用に悩まされることは無いみたいですから(本当に稀にですが、肝機能障害を発症することがあるそうです)、通販で購入するので十分かなって思いました。

プロペシアとフィンペシアで比較すると…

プロペシアのジェネリック医療品で、特に人気の高いフィンペシア。ジェネリック医療品は、オリジナルに比べてとても値段が安いのが特徴的ですけど、フィンペシアも同じ理由で人気が高いのか疑問に思ったので、ちょっとプロペシアと比べつつ調べてみました。

すると、確かに値段はフィンペシアの方が圧倒的に安かったです。1錠に換算すると、プロペシアが200円近くする一方で、フィンペシアはたった30円くらいだったんです。ジェネリックとはいえ、ここまで安くなるものなんですね。そのため、1年間でかかる費用も、プロペシアは8万円弱でしたが、フィンペシアは1万円強しかしませんでした。フィンペシアの成分はプロペシアと変わらないのに、ここまで値段だけ安くなるのも逆にすごいですね。

加えてフィンペシアは、他にたくさんあるプロペシアのジェネリックと比べても、ダントツに販売年数が長く、その間に健康被害などの問題も生じていないため、信用性や安全性もかなり高いとのことでした。これなら、プロペシアよりもフィンペシアを買った方が、断然お得ですね。私も父親がそろそろAGAらしき薄毛に悩み始めたので、機会があったらこのフィンペシアを勧めてみようと思います。

プロペシアのジェネリックを購入するなら

プロペシアが販売されて大分経つせいか、今ではそのジェネリックも数多く出回っているそうですね。試しにちょっと検索かけてみたのですが、確かにかなりの商品がヒットしました。たくさんあって色々と選べるのは良いですけど、その反面、初めての人だとどれが良いのか分からず手間取ってしまいそうですね。そこで、プロペシアのジェネリックでおすすめのものが無いか、ちょっと探してみました。

すると、フィンペシアというのが良いみたいでした。なんでも、プロペシアのジェネリックの中でも、圧倒的に販売年数が長く、しかも今までこれと言った健康被害も報告されていないため、信用性と安全性の面でとても優れているのだとか。加えて、値段もプロペシアの6分の1以下で買えるため、治療が長期間に渡っても経済的負担も軽くて済むそうです。

ちなみに値段だけなら、フィナロやエフペシアというジェネリックの方が安いそうですが、これらはまだ販売されてあまり経っていないため、実際の効果や副作用の情報が圧倒的に少ないみたいです。確かにそれなら、フィンペシアの方が良いかなって個人的にも思いますね。フィナロやエフぺシアより高いと言ってもほんのちょっとだけで、安全性や信用性の方が断然大切ですから。

病院でプロペシア治療を受けた場合の価格は?

日本でも、AGA(男性型脱毛症)の治療をしてくれる病院は、多々あるそうですね。昔は遺伝だから、年だからと諦めるしかなかった薄毛も、今では病院で治療できる時代なんですね。ちなみに、病院でAGAの治療をしてもらうとなると、大抵はプロペシアという、飲み薬の形をした育毛剤が処方されるそうです。ではそのプロペシア治療は、一体どれくらいの価格なのでしょうか?

調べたところによると、病院によって多少差はありますが、プロペシアを1か月分処方してもらうと7,000~9,000円ほどかかるとのことでした。それだけならまだしも、毎月病院に通う必要があり、その分の診察料も加算されるのだとか。初回は初診料もとられますから、トータルで考えると…やっぱり1か月で1万円くらいずつかかりそうですね。

うーん、1か月で1万円はちょっと高いですね。ただでさえ、AGAの治療って年単位の時間がかかりますから。それなら、わざわざ病院に行かなくても、個人輸入でプロペシアは購入した方が良さそうですね(プロペシア自体も、個人輸入の方が病院で処方してもらうよりも少し安く買えるそうです)。副作用の心配もほとんど無いとのことですから。私も旦那がAGAの心配をし始めたら、個人輸入でプロペシアを購入するよう勧めてみます。

プロペシアの副作用で太る!?

プロペシアを服用することで、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制して、育毛を促すことができるそうですが、意外な副作用があると聞きました。それは、肥満。プロペシアの副作用としては、下痢や頭痛、肝機能障害くらいしか聞いたことが無かったので、太ることもあると知った時はかなり意外に思いました。一体どういったシステムで肥満につながるのか見当もつかない、といった感じで。

そこでまずは、本当にプロペシアで太るのか、その真偽を調べてみました。すると、それについては本当でした。胸がたるんだり、体重が1回増えたら戻りにくくなったりしたケースが、服用者の間では多々あるとのことでした。

ではなぜそのようなことが起こるのかと言うと、ホルモンバランスの変化が原因だそうです。なんでも、プロペシアは薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制するため、その分男性ホルモンが減ることになるんですね。そして、必然と女性ホルモンの比率が増えるため、胸がたるんだり、体についた脂肪が減りにくくなったりしてしまうのだとか。ただし、服用者全員にそうした症状が起こるわけではなく、短期間で大量に服用した場合に発症するのがほとんどとのことなので、容量を守って飲んでいる限りそこまで心配する必要は無いとのことでした。

プロペシアの効果が実感できない?

プロペシアは、体の内部から効いてくれるため、従来の育毛剤よりも高い効果を期待できると聞きますが、ネットを見ると、プロペシアの効果を実感できず止めてしまった、という声を多々見かけます。実はプロペシアって効果無いのでしょうか?旦那がそろそろ薄毛を気にし出して、プロペシアが欲しいみたいなことも言っているので、ちょっと調べてみました。

それによると、プロペシアの効果は、少なくとも半年間は使い続けないと実感できないとのことでした。別に、半年使い続けないと髪の毛が生えてこないというわけではないのですが、最初の内は生えてきても産毛で、見た目からはなかなか分からないそうなんです。見た目が変わらないと、続けるモチベーションって上がらないですよね。

それでも、半年を過ぎて1年間くらいになると、見た目にも多少変化が出てくるため、大分効果が実感できるとのことでした。考えてみると、プロペシアの効果が無かったという体験談は、どれも使った期間が1年よりも短かったですから、継続が足りなかったんだと思います。つまり、プロペシアは効果が無いのではなく、効果が出ても最初の内はなかなか実感できないんですね。となると、プロペシアで治療をする場合は、大分根気が必要になりそうですね。

プロペシアの効果が出るまでの期間って?

プロペシアによる育毛治療の期間は、年単位でかかるそうですね。ネットの体験談を見てみると、5年以上治療を続けているという人もいました。まぁプロペシアの場合、治療がうまくいって髪が生え揃っても、止めるとまた元に戻ってしまう危険性が高いため、ちゃんと髪が生えてもある程度続けなくちゃいけないということもあるんですけどね。

ちなみに、プロペシアの効果が出るまでって、どれくらいの期間かかるのでしょうか?個人的には、内服するタイプの育毛剤ですから、従来の頭にベタベタ塗ったりかけたりするようなのとは違い、早い内から効果が出るんじゃないかな、と期待していたのですが…実際は、最低半年くらい覚悟しておいた方が良いとのことでした。

半年って結構長いですね。しかし、実際の臨床データで、そうした結果が出ているみたいです。これ、使用前に知っておかないと、モチベーションを保てなくて挫折してしまうと思います。実際、ネットの体験談を見ても、2~3か月使っても効果が出ないから止めた、という声を多々見かけますし。とりあえず、私も周りの誰かがプロペシアで育毛治療をするようになったら、最低半年は続けた方が良いということを教えてあげようと思います。

プロペシアを効果なしと判断するのは

育毛剤を使っても、効果が出ないというケースは多々あるそうですね。そして、効果が出ない場合があるのは、あの有名なプロペシアも同じらしく、プロペシアを使ったけど全然効果が無かったという声は、ちょっとネットで調べただけでたくさん出てきました。

そうした体験談では、大体2~3か月程使って諦めた、といったパターンが多かったですね。まぁ、2~3か月も使って効果が無かったら、諦めてさっさと別の育毛剤に乗り換えた方が良いって思いますよね。しかし実際のところだと、プロペシアを効果なしと判断するのは、使用を初めてから少なくとも半年程経ってからの方が良いみたいです。なぜなら、プロペシアの臨床実験で、効果が出るのは使用を初めて半年後くらいからが一番多かったという結果が出ているからです(中には、3か月で効果を実感できた人もいるそうですが)。

つまり、効果が実感できなくても、最低半年は続けるべきなんですね。半年続けて効果が無かったら大損じゃないかって思いますけど、プロペシアの場合は、半年以上使えば大抵の場合は効果を実感できるとのことでした。つまり、2~3か月なんてものではなく、最低でも半年から1年くらいは、根気良く続けることが大切なんですね。

プロペシアからフィンペシアに切り替えると

ロペシアって意外と高いですよね。1か月分で6,000円くらいしますから。ただ、AGA治療が大抵年単位の長期間に渡ることを考えると、できるだけ安く抑えたいところですよね。そこで、何か良い手は無いか探してみたところ…フィンペシアに切り替えると良いとのことでした。

なんでも、フィンペシアは、プロペシアのジェネリック医療品なため、成分が同じにもかかわらず、プロペシアのおよそ6分の1の値段で購入できてしまうのだとか(プロペシアだと1錠200円くらいですが、フィンペシアだとたった30円程だそうです)。となると、かなり薬代が抑えられることになりますね。

また、プロペシアのジェネリック医療品は、フィンペシアの他にもフィナロ、エフペシアなど多様に販売されていますが、フィンペシアはダントツで販売期間が長く、今までこれと言った健康被害も報告されていないため、選ぶならこれが良いとのことでした(ネットの一部では、フィンペシアのコーティング剤へ発がん性の疑いも叫ばれていますが、まったく心配無いみたいです)。とりあえず、安全で信用性が高く、値段まで安いという至れり尽くせりなので、私も父親がAGA治療を考え始めた時は、是非このフィンペシアを教えてあげることにします。

プロペシアでよく聞く初期脱毛って?

プロペシアを使うと、髪がどんどん生えてくるというイメージがありますけど、実際は半年くらい使い続けないと効果は実感できないそうです。まぁ、使った瞬間から髪が生えてくるなんて、そんな都合の良い話あるわけないですよね。ちなみに、プロペシアを使って1か月くらいの間は、髪が増えるどころか逆に抜け毛が増えて、人によっては薄くなってしまうことも多いのだとか。

プロペシアは育毛剤なのに、なぜ逆に髪が抜けてしまうのでしょうか?最初聞いた時はかなり驚きましたが、これは初期脱毛と言って、プロペシアの使用に大なり小なり伴う、ごくありふれた現象とのことでした。ただ、そのことを知らず、初期脱毛が出た段階で怖くなって止めたという人も、意外と多いそうです。確かに、髪が増えて欲しいからプロペシアを服用するのに、逆に髪がたくさん抜けるようになったら怖いですよね。

ちなみに、これが起きる時期としては、使用開始10日目から1か月目くらいにかけてだそうですが、抜け続ける時期にもちょっとバラつきがあって、体験談の中には1か月近く抜け毛が多かったという声もありました。それでも、初期脱毛という現象は、逆に言うとプロペシアが正常に効き始めている合図であるため、何も心配することは無いとのことでした。

プロペシアの初期脱毛で髪がスカスカ

プロペシアを飲み始めて最初の内は、初期脱毛と言って、髪の毛が抜けるそうですね。なんでも、プロペシアによって髪の毛を作る細胞が活発化するため、今生えている髪の毛が押し出されることで抜けてしまうのだとか。つまり、髪が抜けると聞いて一瞬驚きますけど、この初期脱毛はプロペシアがちゃんと効き始めている合図なんですね。

ちなみに、抜けるってどれくらい抜けるのでしょうか?体験談を色々と見る限り、かなり個人差が大きいという感じでした。ちょっと抜け毛が多くなったくらい、という人もいれば、見た目からも分かるくらい髪の密度がスカスカになった、という人もいて。これには、初期脱毛の期間がどれくらいに渡るかも関わっているらしく、2週間程で終わる人もいれば、1か月以上続く人もいるとのことでした。1か月以上も抜け続ければ、そりゃあ髪もスカスカになりますよね。

中には、この初期脱毛が怖くて、プロペシアを止めてしまった人も多いと聞きます。ただ、そうして止めてしまう人はそもそも、プロペシアの使用に伴う初期脱毛という現象の存在自体知らないことが多いみたいなので、プロペシアを実際使う前に、まずはちゃんとそれ関連の知識を蓄えておくのが大切とのことでした。

プロペシアの初期脱毛はどのくらい続くの?

プロペシアを使うと、半年くらい経つまで、あまり目に見えて育毛効果は見られないそうですね。正確に言うと、効果が表れていないわけではなく、産毛のように細い髪の毛しか生えて来ないため、目視するのが難しいみたいです。効果がなかなか実感できないと、ちょっとモチベーション上がりませんよね。しかもプロペシアの場合だと、まずは初期脱毛と言って、逆に髪が抜けるみたいですから。

この初期脱毛という現象は、プロペシアが効いて毛母細胞が活性化することで、今生えている髪が押し出されて起こるそうですが、やっぱり髪が抜けるのはビビりますよね。薄毛を解消したくてプロペシアを飲んだんですから。ちなみにこの初期脱毛は、飲み始めてから10日くらいで出始め、そこから2週間から1か月くらい続くそうです。つまり、人によっては結構長い間、抜け毛に悩まされることになるんですね。加えて、1日に抜ける量にも、数十本単位から100本単位までと、大分個人差があるとのことでした。

プロペシアがちゃんと効いている証拠とは言え、できればこの初期脱毛は軽いので済んでほしいですよね。しかし、こればかりは本当に人によるとのことなので、少しでも精神的ダメージを和らげたいなら、たくさん初期脱毛に関する体験談を読んでおくのも良いそうです。

一見怖いプロペシアでの初期脱毛

国内のAGA専門病院で治療してもらうよりも簡単で安いからと、個人輸入で直接プロペシアを購入する人は増えているそうですね。確かに、病院に頼るとなると、定期的に通院することになって、薬代に加えてその分のお金までかかりますからね。しかし、そうした人達が陥る落とし穴もあるそうです。それは、初期脱毛。

初期脱毛とは、プロペシアの使用を始めて10日程経った頃から起き始める現象で、通常よりも抜け毛がかなり増えるみたいです。程度は人によって様々ですが、場合によっては目に見えて髪が薄くなったと分かるくらい、抜けてしまうこともあるとのことでした。まぁ、これはプロペシアが正常に効き始めている証拠なので、何も心配する必要は無いのですが、個人輸入でプロペシアを買った人の中には、ビビって止めてしまう人も多いのだとか。

なぜかと言うと、個人輸入でプロペシアを購入する場合、病院に行く必要が無い反面、専門的な指導を受ける機会が無いからです。つまり、初期脱毛に関する知識が薄い、又はその現象の存在自体知らないため、単純に抜け毛が増えたという理由で、プロペシアを止めてしまうんですね。これは勿体無いですから、やっぱりプロペシアはちゃんと病院で処方してもらうか、個人輸入で購入する場合もまずしっかり知識を得ておくのが無難ですね。